介護ソフトや伝達ソフトで生活を円滑に豊かにしていく

活用のメリット

インターフェイス

IoTとは直訳すると「モノのインターネット」となります。その名をさらに正確な表現をすると、IoTとは「モノ同士がインターネットによってやり取り可能となった」状況を指した言葉として扱うのが適切だと言われています。 従来ではインターネットと言えば、パソコンやスマートフォンなどに代表される「インターネットに接続するための」コンピュータ端末を介して行われるのが一般的でした。それがIoTでは、従来では扱われていなかった機器を端末として、インターネットで直接、接続する事が可能となる事を示しています。 具体的な例としては、ウェアラブルと呼ばれる様な身に付ける道具や、テレビや冷蔵庫・電子レンジなどといった家電に、防犯設備などがモノに当てはまります。 IoTではこうした機器同士が直接、インターネットを通した連携が可能となる事で、生活における様々な革新や効率化が期待できると言われています。

具体的にIoTによる影響を受けると言われている場面は、様々な局面に想定されています。 まずは各種業務において、製造業の在庫管理や製造・販売などでは、管理する従業員が個々に携帯したIoT対応の管理機器を使えばより素早い状況把握が可能となります。 あるいは開発・測定業務などでは、コンピュータを持ち運ばなくても身近な端末1つで蓄積データと照らし合わせた分析・測定が可能となります。 この様にIoTの普及により、効率的な業務体制の確立が期待されています。 また、一般の生活においてもIoTを搭載した家電や設備を活用する事で、外出先からの起動予約や対処が可能となったり、販売メーカーからのデータを取得する事でより多彩な機能を活用可能となったりする等の応用が期待されています。